自然災害が年々増えてきているが、地震保険って入った方がいい?

公開日:2022/08/30

最近昔に比べて地震が多くなったと感じている方は少なくないのではないでしょうか?大震災と呼ばれるような大規模な地震も頻繁に起こるようになり、住宅の耐震性能が重要視され始めています。本記事では、地震保険には加入したほうが良いのかについて解説します。地震が不安で保険に加入するか迷っているという方はぜひ参考にしてください。

自然災害増加の原因

地震やハリケーンなどの自然災害が昔に比べて増えてきているとご存じでしたか?ここ20年アジアを中心に世界中で自然災害が増加してきています。国連からは、地震などの自然災害が増加した原因は気候変動によるところが大きいと発表されており、この状況が長く続くと世界全体が今よりも住みづらくなってしまうと考えられています。

地震保険とはどのようなもの?

最近になってよく耳にするようになった地震保険とはどのような物なのでしょうか?地震保険とは、地震などによって住宅や家財に被害が出た際に補償を受けることができる保険のことです。補償の対象範囲や補償額などは、ほかの保険同様に加入する地震保険によって違います。

なお地震保険は、単体で加入することができず、加入のためには火災保険に加入することが必須条件となっているケースが非常に多いです。地震保険に加入する際は加入条件をしっかりと確認するようにしましょう。

地震保険に加入するべき理由

最近地震保険に加入する方が昔に比べて増えてきています。地震保険に加入するべき理由には、どのような理由があるのでしょうか?

ここでは、地震保険に加入したほうが良い理由を解説します。いまいち加入するべき理由がわからない、まだ加入するか迷っているという方は、ぜひ参考にしてください。

地震の頻度が高いため

地震保険に加入するべき理由一つ目は、日本の地震の発生頻度が高いことです。日本は他国に比べて圧倒的に地震の発生頻度が高いです。小さな地震は日常茶飯事ですし、数年数十年に一度という頻度で大震災と呼ばれるような大規模な地震も発生しています。

単純に計算しても地震に合う確率が高ければ地震によって自宅に大きな被害が出てしまう可能性も高くなるため、日本の地震の発生頻度の高さは地震保険に加入するべき理由であるといえます。

地震が起こった際の被害額が大きいため

最近の住宅では地震のための対策が万全に施されているため、地震の衝撃で全壊・半壊してしまう確率が昔に比べて低くなりました。しかしいくら地震による住宅の全壊・半壊の確率が下がったといっても、地震で自宅にひび割れや亀裂などが入ってしまった際の被害額はとても大きいです。

地震はいつ発生するかわからず、対策をしていたら必ず被害が防げるというものではありません。金銭的に十分な余裕がなく自宅の補修費用が不安という方ほど、地震保険に加入しておくことがおすすめです。

地震保険加入時にチェックするべきポイント

ここでは地震保険への加入を考えている方のために、地震保険に加入する際にチェックすべきポイントについて解説します。

保険料がいくらか

加入する地震保険によって月々の保険料がいくらになるかは違ってきます。月々の保険料がいくらくらいになるのかは、地震保険に加入する前に必ず確認するようにしましょう。

地震保険は地震保険だけで加入することができず、火災保険との同時加入が保険加入の必須条件となっているところも多く見受けられます。火災保険との同時加入が必須なのか単体で加入できるのかによっては、月々の支払額も大きく変わってくる可能性があるので加入条件についても併せて確認するようにしましょう。

補償の対象範囲

加入する地震保険によって補償の対象範囲は建物だけ家財だけなど違っています。地震保険に加入する際は、補償の対象範囲は必ず確認するようにしましょう。戸建て住宅であれば家財と建物に加入し、分譲マンションであれば専有部のみ家財と建物の加入がおすすめです。賃貸住宅であれば建物の加入は必要ないため家財の地震保険を検討するようにしましょう。

なお、一般的に最近建てられた住宅であれば、地震保険は建物よりも家財の方が支払われやすいといわれています。これは最近の住宅の住宅性能が上がり地震の際に建物の構造部に大きなダメージを受けることが減ったことが要因であると考えられています。持ち家の場合は家財と建物の両方に加入することがおすすめですが、家財と建物どちらか一つに絞って費用を抑えたいのであれば家財を優先することがおすすめです。

割引の有無

地震保険では、保険に加入する建物の築年数などによって割引が用意されていることが多いです。築年数や住宅の耐震等級などを条件とした割引が用意されていることが多いため、地震保険を選ぶ際は割引の有無や内容もしっかりと確認するようにしましょう。

まとめ

本記事では、地震保険には加入したほうが良いのかについて解説しました。いかがだったでしょうか?地震はいつ発生すると断言できるものではないため、不安な方は加入をしておいたほうが、万が一の事態が起こった際に安心です。

加入する地震保険を選ぶ際は、割引の有無、補償の対象範囲、月々の支払額をしっかりと確認するようにしましょう。保険によっては被害があった際に補償を受けられなかったなどのトラブルも発生しているので評判も併せてチェックすることがおすすめです。本記事が地震保険の加入で迷っている際に、役立てば幸いです。

おすすめの保険相談窓口一覧はこちら

おすすめ関連記事

生命保険会社・損害保険会社一覧

なないろ生命
会社名なないろ生命保険株式会社
住所〒160-8516 東京都新宿区四谷一丁目6番1号 YOTSUYA TOWER 16階
TEL0120-08-7716
営業時間月~金9:00~17:00/土9:00~12:00、13:00~17:00
口コミ・評判を見てみる
ネオファースト生命
会社名ネオファースト生命保険株式会社
住所〒141-0032 東京都品川区大崎2-11-1 大崎ウィズタワー
TEL0120-581-201
営業時間9:00~17:00
定休日日曜日・祝日・年末年始
口コミ・評判を見てみる
明治安田生命
会社名明治安田生命(明治安田生命保険相互会社)
住所東京都千代田区丸の内2-1-1
TEL03-3283-8111(代表)
口コミ・評判を見てみる
富国生命
会社名富国生命
住所お客様窓口:〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-2-2
TEL0120-259-817/03-3508-1101
営業時間9:00~15:00
定休日※土・日・祝日、12/30~1/3
口コミ・評判を見てみる
日本生命
会社名日本生命(日本生命保険相互会社)
住所〒541-8501 大阪府大阪市中央区今橋3-5-12
TEL0120-201-021
営業時間月~金9:00~18:00/土9:00~17:00
定休日祝日・12/31~1/3
口コミ・評判を見てみる
東京海上日動
会社名東京海上日動(東京海上日動火災保険株式会社)
住所東京都千代田区大手町二丁目6番4号
TEL記載なし 問い合わせは公式ホームページへ
https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/
口コミ・評判を見てみる
楽天損保
会社名楽天損保(楽天損害保険株式会社 )
住所本店サービスセンター:〒102-0074 東京都千代田区九段南2-3-14 靖国九段南ビル
TEL050-5434-8624
営業時間9:00~17:00
口コミ・評判を見てみる
ソニー損保
会社名ソニー損害保険株式会社
住所〒144-8721 東京都大田区蒲田5-37-1 アロマスクエア11F
TEL記載なし 問い合わせは公式ホームページへ
https://www.sonysonpo.co.jp/
営業時間9:00~18:00(土・日・休日も受付)
口コミ・評判を見てみる
ソニー生命
会社名ソニー生命(ソニ-生命保険株式会社)
住所本社:〒100-8179 東京都千代田区大手町一丁目9番2号 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ
TEL0120-158-679
営業時間9:00~17:30
口コミ・評判を見てみる
かんぽ生命
会社名かんぽ生命
住所本社:〒100-8794 東京都千代田区大手町二丁目3番1号 大手町プレイスウエストタワー
TEL0120-552-950
営業時間平日9:00~21:00/土日休日9:00~17:00
口コミ・評判を見てみる

おすすめの保険相談窓口
比較表

イメージ
会社名保険無料相談ドットコム保険マンモスほけんのぜんぶ保険見直しラボみんなの生命保険アドバイザー保険市場マネードクター
特徴アンケート回答後のプレゼント特典が豪華17年以上保険相談サービスを提供子育て世代からの人気が高い最短10分でマッチングプライバシーマークの認証を取得プライム市場上場企業が運営最短翌日の相談が可能
相談方法訪問・オンライン訪問・オンライン訪問・WEB面談訪問訪問店舗・オンライン・訪問店舗・オンライン・訪問
実績お客様満足度94.9%累計申込数57万件以上累計申込件数19万件保険相談サイトランキングNo.1相談実績40万件以上オンライン相談件数7万件以上お客様満足度93.3%
コンサルタント保険のプロが最適な保険を提案幅広い知識をもつファイナンシャルプランナー多彩な専門性をもつファイナンシャルプランナーコンサルタントはベテラン揃い全国で2,000名以上の専門家が登録232名のコンサルタントから指名可能ファイナンシャルプランナー在籍数1,800名以上
取り扱い保険生命保険だけでなく損害保険などあらゆる保険に対応平均22社の保険商品を取り扱う30社以上の保険を取り扱う約30社の保険を取り扱うあらゆる保険に対応取り扱い保険会社数94社生命保険・損害保険32社
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら